【実話】ボッタクリなピアノ教室に行っていました

「【実話】ボッタクリなピアノ教室に行っていました」のアイキャッチ画像

はいどうも、サクです。

初のネタ(?)記事ということで、「ボッタクリのピアノ教室」について語っていきます。


そもそも、みなさんは何のために「ピアノ教室」に行っていますか?

 

・・・

 

「ピアノ教室」に行って得られるものは、「継続」と「技術」だと僕は思っています。

  • 「先生に見せるから、頑張ろう」という気持ちから得られる「継続」
  • 細かいところを教えてくれる「技術」

上記二つですね。

ボッタクリなピアノ教室に行っていました

三年前、僕は「マジで」意味のないピアノ教室に行っていたんですよね。

僕は、なぜか親戚に恵まれていて、そのピアノ教室にいるめちゃめちゃ有名なピアニストに教えてもらってたんですよ。

・・・

そのお値段、一回40分で2万円。

いや、高えぇ!!!

そうなんですよ。言葉は悪いですけど、ほぼ「ボッタクリ」なんですよね。

有名なピアニストなのに。

もう一度いいます。

有名なピアニストなのに。

笑う人笑う人
「いやいや、2万円は確かに高いけど、その分、質も高いんでしょ?」

って思うじゃないですか。そんなこと無いんですよ。

 


 

「じゃあサクさん、まずはハノンを弾きましょうか。」

「はい。」

「次に、今練習している曲を弾きましょうか。」

「はい。」

「次はこの曲をやってみましょうか。」

「はい。」

「今日は終わり!お疲れ様ー。」

「はい。」

「じゃあ、、、|・ω・*)チラ」

「ああ、はい(2万円)」

「ありがとう!お疲れ様ー。次回は○月○○日でいい?」

「はい。」

 

・・・・


まじでこれだけ!!!信じられなくないですか?!アドバイスなんて一回もしてくれたことが無いんですよ。

でもまぁ、これは確実に自分が悪かったですね。

「プロが教えてくれてるんだから、この人なら大丈夫だろう」と思っていて、完全に思考停止の状態でした。

おそらく向こうからは「騙しやすいカモ」だと思われていたんでしょうね。

ムカつく!!!!

まぁ何が言いたいかというと、

  • 「この人なら絶対安心」
  • 「高いお金を払っているんだから、質もいいはず」

と、思考停止で自分で考えないのはやめましょうという事。

しっかりと「この人に教わったら、いずれどう成長できるのか」と、自分の頭で考えましょう。

このことを学べたと思ったら、考え方によっては良い経験だったのかもですね。

オススメのピアノ教室とは

こんな経験があるので少しトラウマなのですが、、、()

ネット上で評価が高い、「オンラインで受けられるピアノ教室」を、この記事で紹介しています。

ぜひ、合わせてご覧ください。

記事が見つかりませんでした。

 


それではっ!