譜読みができなくて、イライラしてしまう時の対処法【初心者必見】

「譜読みができなくて、イライラしてしまう時の対処法【初心者必見】」のアイキャッチ画像

こんにちは、サクです。

怒っている人怒っている人
譜読みをしているとイライラしてくる・・・対処法を教えてくれ!!

本日は、このような方に向けて執筆していきます。

譜読みでイライラする時は、曲を聴きまくろう

結論から言うと、

譜読みに関しての事で一番大切なことは、「その曲を事前によく聴くこと」です。

譜読みや、実際に練習を始める前には、必ずYouTubeなどでその曲を聴いておきましょう。

  • 調(ハ長調、イ短調など)
  • リズム
  • 臨時記号(途中に出てくる♯や♭)

この中が、自然と頭に入ってくるので、よりスムーズに譜読みをすることが出来るようになります。
現在はYouTubeなどでも、様々なピアノ動画が上がっているので、バシバシ動画を活用しましょう。

無料でピアノ曲を聴きまくる方法

YouTubeには、マイナーな曲の場合アップされてない場合もあります。

そのときは、Amazon musicの無料期間をオススメします。
三ヶ月の無料期間があるので、とりあえず登録してもいいのかな、と。

Amazon music Unllimitedの無料体験は、コチラ

譜読みがイライラしたら、休もう

そもそも、イライラしたら休むべきですよ。

  • ピアノが嫌いになってしまう
  • 「才能がないな・・」とネガティブ思考になる

こんな感じで、イライラした状態でピアノを練習しても何もいいことがありませんよ。

譜読みでイライラしたときの、具体的な対処法

結論として、一回寝ましょう。
お昼などで寝るのが厳しい場合は、仕事や課題などに取り組みましょう。

「今日はまだ5分しか練習出来てないし・・」と思う方もいると思いますが、やりたくなった時に一時間でも二時間でもすればいいんです。

「やりたくなったらやる、やりたくないなら他のことをする」

という思考でいいと思います。

ピアノは絶対に、「量より質」です

怒っている人怒っている人
質よりも量が重要!とりあえずガムシャラにやれ!

と言ってくる人がたまにいますが・・・

ピアノに関しては、確実に「量より質」の世界です。

仮に一日十分の練習だったとしても、集中してゆっくり取り組めば、相当上手くなりますよ。

「量をこなせば何とかなる」という熱血体育会系の考え方は、捨てましょう。

基本的には、毎日練習しましょう

一日三分でもいいので、基本的には毎日弾きましょう。

これは、「毎日弾かないと下手になる」と言うわけではなく、「習慣にする」ことを目的にしています。

人間は、習慣を面倒だとは思わないので、取り敢えず毎日少しでもいいから弾くことを目標としてみてください。

毎日続けるのが無理なんだよ・・・という方へ

困っている人困っている人
「習慣になるのは分かるけど、そこまで続けるのが大変なんじゃん・・・」本文

と思った方は、こちらの記事をご覧ください。

決まった時刻にピアノを練習しましょう

「毎日同じ気持ちで、同じコンディションで」ピアノを練習するためには決まった時刻に練習することが大事ですよ。

仕事の時間が不定期の場合などは仕方がないですが、なるべく同じ時刻に練習するようにしましょう。

なぜ、ピアノを決まった時間に練習するのがいいのか

理由は、下記です。

  • より習慣になりやすくなる
  • 成長の具合がわかりやすくなる
  • イライラが減る

やはり、一定の時刻で練習すると、「今日はどのくらい練習したか」「どのくらい進んだか」がわかりやすくなります。
習慣にすることによって「イライラ」も減るので、一石二鳥ですね。



今回の内容は、こんな感じ。

譜読みでイライラした時は「曲をよく聴く」。

是非試してみてください。それではっ!